ats-min.com

Just another programmer's site

Month: 5月 2014

Excel 2013 VBA Sheets()

エクセル2013ではVBAでシートなどを指定するとき

単に”Sheets(1)”ではエラーになってしまいます。

2010まではこのように書いてもActiveなブックから勝手に探してくれましたが、

2013では

“ActiveBook.Sheets(1)”や”ThisWorkBook.Sheets(1)”

のようにブックを明示的に指定する必要があります。

VBScript Excel 2013

VBScriptでエクセルのオブジェクトを取得する際はエクセル2010までは

Set xlApp = CreateObject(“Excel.Application”)

で取得することができましたが

エクセル2013の場合は

Set xlApp = CreateObject(“Excel.Application.15”)

とする必要があるようです。

“13”は縁起が悪いからだとか、、

SOQLリレーションクエリ

SalesforceのSOQLでコミュニティに質問してやっと解決したことがあったのでメモ

SOQLでは親のオブジェクトの項目を取得する際は

「SELECT {親オブジェクト名}.{項目名} FROM {子オブジェクト名}」

と指定する。

例:担当者(Contact)に紐づく取引先(Account)の項目を取得するクエリ

「SELECT Account.Name FROM Contact」

なので商談履歴オブジェクト(OpportunityHistory)から紐づく商談(Opportunity)のIdを取得しようと以下のクエリを実行したが上手くいかない

「SELECT Opportunity.Id FROM OpportunityHistory」⇒×エラー

これはOpportunityHistoryがOpportunityへのリレーション項目をもたず「OpportunityId」として商談のIDをもっているため。

なので以下のようにすると上手くいく。

「SELECT OpportunityId FROM OpportunityHistory」

リレーションクエリを作る際はリファレンスをちゃんと読んでそのオブジェクトがリレーション項目をもっているか確認しようと反省。

 

WebService: TweetSearcher

●ツイート検索サービス:「TweetSearcher」

位置情報から世界中のツイートを検索できます。

http://ats-min.com/twtsrch

© 2018 ats-min.com

Theme by Anders NorenUp ↑